除染

除染

やっぱり気になる放射性物質

通販お得情報 > 除染

放射性物質の害

原子力発電所の事故以来、日本でも、深刻な問題となった放射性物質。
放射性物質は、人体にどんな害を及ぼすのでしょう。

放射性物質は、体内で、活性酵素ヒドロキシラジカルを作ります。これは、染色体やDNAに影響し、遺伝子の突然変異を誘発します。これにより、ガン発生率の増加、血管梗塞の直接の原因となります。

また、人間は、このヒドロキシラジカルを消去する能力を持っていません。
これを除去出来るのが「水素」です。
2007年5月8日付の「ネイチャー・メディスン(電子版)」に掲載された内容によれば、活性酵素には、いくつかも種類がある、水素は、最も酸化力が強い「ヒドロキシラジカル」にだけ作用すると記載されています。

放射性物質から身を守る

まず第一は、体内に入れないこと。その為には、口にする物の除染が有効です。
除染パウダー「ゼオクリン」はセシウム137を97.7%吸着します。
(千葉大学大学院医学研究院 環境影響性科学科において検証済み)

除染パウダー「ゼオクリン」は、
・野菜の洗浄剤、鮮度保持剤として
・選択で使用し、衣類の除染
・ペットの散歩後の洗浄で、ペットの除染
に使用できます。

また、体内で作られてしまつた「活性酵素ヒドロキシラジカル」を体外に排出するには、「飲むゼオライト ゼオ7」が有効です。

体を参加させる活性酵素を排出することで、老化防止、アンチエイジングにも効果があります。

除染で身を守るには、セシウム137を97.7%吸着



除染 トップへ戻る