交通事故 損害賠償

交通事故 損害賠償

交通事故で損をしない方法

通販お得情報 > 交通事故 損害賠償

交通事故に遭ってしまったら

自分がいくら、気をつけていても、一歩外に出れば、交通事故の被害者になる可能性があります。
もしもの時に慌てない為、下の2つは覚えておきましょう。

・最優先されるのは、けが人の救護。あわてず119番を!
 
・事故の規模に関わらず、必ず警察に届ける
 ちょっとした接触で、殆ど怪我もない。そんな場合でも、すぐに110番して下さい。
 物損だけの事故でも警察に届けて下さい。
 きちんと事故として処理しておかないと、後々困ることになります。

・余裕がある場合は、目撃者の確認をしましょう。

軽い物損事故の場合、加害者が「必ず弁償しますから」と名刺等を差し出した為、連絡先だけを交換して警察に届けないことがあります。
ところが、その後、加害者からの連絡が無い。名刺の連絡先に連絡したところ、全くの別人だった。などという事件も起こっています。
きちんと警察を呼んでおけば、自分が相手の確認を忘れても、警察がしっかり確認してくれますので、事故が起こったら、とくにかく警察を呼びましょう。

損害について

交通事故の被害者は、その状態によって次のような賠償を請求する事ができます。
・治療費
・付き添え看護費
・入、通院費
・休業補償
・逸失利益
・慰謝料
・後遺症害

加害者が自動車保険に入っていれば、事故後は、加害者本人とやりとりする事はなく、代理人(保険会社)とやりとりする事になります。

賠償金

賠償金は、多くの場合、先方の保険会社が提示してきます。
その際には、きちんと説明もされます。概ね、「法に準拠した適正な見積をしました。」と言ってきます。
事故の被害者になるのは初めて、こんな交渉も初めてという方は、殆どここで「賠償ってこんなものか」と納得して受け入れ、示談書に印鑑を押してしまうようです。

しかし、ちょっと待って下さい。

相手は、事故処理の専門家。そして保険会社も営利企業です。あなたに提示された金額が本当に適正でしょうか?
最初に保険会社が提示してくる金額は、法的に問題のない最低限の金額です。

実際には、ほんの少し、交渉の仕方を知っていれば、もっと多くの賠償が受けられるのです。

交渉の仕方は、こちら。

交通事故損害賠償シークレットバイブル


交通事故 損害賠償 トップへ戻る