夜泣き

夜泣き

お子さんの夜泣き。諦めてませんか? 解決方法があるんですよ。

通販お得情報 > 夜泣き

夜泣き

赤ちゃんの夜泣き、もしかして、自然におさまるまで、我慢するしかないと思っていませんか?

そう思っている方、多いですよね。

確かに、育児書等を見ても、夜泣きは成長過程で必ず通過するもの、一過性の事なので、受け止めましょう・・・というように書かれている事が多いですよね。

でも、

夜泣きは、ママも大変ですが、当の赤ちゃん自身だって大変なんです。

寝言泣きに反応してませんか?

レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)という言葉は、ご存じの方も多いと思います。

大人の場合は、このサイクルが90~120分程度です。
これが、赤ちゃんの場合は、40-60分サイクルになります。

また、赤ちゃんは、レム睡眠になると、「フェーン」と泣いたり、体がビクッと動いたり、手足をバタバタさせたりします。これを「寝言泣き」と言います。

ママが、この寝言泣きに反応して、オムツチェックをしたり、トントンと刺激を与えたりすると、浅い眠りですから、そのまま目が覚めてしまいます。
そうなると、また、寝入るまでが長引いてしまいます。

「寝言泣き」の時は、何もしないのが正解なんです。

夜泣きの解決方法

夜泣きは、子育ての中でも、最初の数年だけ経験する事です。
苦労した事も、過ぎてしまえば、みな、大したことではなかったと思ってしまいます。

誰かに相談しても、
・泣くのは赤ちゃんの仕事だから
・大きくなったら、自然におさまるわよ
・みんな同じ苦労を乗りきったんだから
こんな、解決にならない言葉が返ってきちゃいますよね・・・

でも、この夜泣きを真剣に研究した人がいます。

その人は、夜泣き専門保育士 清水 悦子さん

このガイド読めば、夜泣きを改善し、ママも赤ちゃんも安眠できます。
夜泣き対策&解消法の決定版!!夜泣き専門保育士が伝える『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』

書籍にもなっています。

夜泣き トップへ戻る